風俗で奴隷になった事がある

自分の中ではお金よりも相手

風俗で遊ぶ時、きれいごとを抜きにやっぱりお金のことはどうしても考慮しなければならない部分だと思うんですよね。そこをどうするのか。これはやっぱりある程度真剣に考慮しなければならないものだと思うんですけど、自分が特に思うのは、風俗は料金のことを考えるのは当たり前なんですけど、でも料金に関しては工夫で何とかなるってことですよね。クーポンもありますし、メルマガもあります。だからそこまで深く考えないで、やっぱり自分が満足出来るというか、納得出来る風俗嬢を選んだ方が良いんじゃないかなって思うんですよ。多少高いとしても、納得出来れば後からあれこれ思うようなこともないじゃないですか。むしろ最高の時間を味わうことが出来れば何も思わないのが男ってものじゃないですか(笑)だから風俗で遊ぶ時には、自分なりにいろいろなことを考えていますけど、相手に関しては妥協せず、納得出来る子を探して遊ぶよう心掛けていますけどね。

制服はいつまで経っても男のロマン

風俗では制服プレイをすることが多いです。制服を着てもらうってだけだってことは自分でもよく分かっているんです。制服を着たからと言って急に若返るとか、タイムスリップするとかではないんです。そのくらいのことはよく分かっているんですけど、性的な何かを刺激されるような気がするんですよね。だから風俗では制服のオプションだったり、制服専門店だったりとにかくどのような形であれ、制服を楽しんでみたいって気持ちが強いんです。普通のプレイでは物足りなくなっているし、制服プレイを味わうことによって、自分の中でのいろいろな気持ちを味わうことも出来るじゃないですか。それって実際の所、なかなか出来るものではないっていうか、むしろそれがあるからこそ、風俗は自分でも特別なものなのかなって。制服を着ている女の子とのプレイは、自分のイマジネーションをこれでもかと刺激してくれるので、何をしたとかされたとかという次元じゃなく、本当に楽しいんです。