風俗で奴隷になった事がある

見かけによらない濃厚なプレイでした

顔だけで判断するなら、彼女は本当に可愛いので、受け身の風俗嬢かなって思ったんです。Yちゃんは「天使」と呼ぶに相応しい存在。色白だし、目も大きいし。これだけのビジュアルを持つ女の子はなかなかいないだろうってレベルの風俗嬢だったんです。だからこそ彼女を指名してみたんですけど、良い意味で予想を裏切られました。なぜなら彼女、攻めもとっても上手だったんですよ。あまり攻めが得意ではないだろうって勝手に予想してしまっていたんですけど、実際には彼女は攻めるのも上手でした。とても丹念にこちらを攻めてくれるだけでも嬉しいものじゃないですか。しかもあのビジュアルで丹念に攻めてくれるんです。それだけでもこっちの興奮は凄まじいことになっているんですよ(笑)だからフィニッシュをコントロールすることが出来ず、自分でも予期せぬ形でのフィニッシュとなってしまいましたけど、何も後悔していません。むしろ最高の時間を楽しめたなって思っています。

良い思い出になった単身赴任

改めて、この前までの単身赴任は自分に良い思い出となりました。当初、単身赴任はあまり乗り気ではなかったんですよ。子供もまだ小さいし、そもそも、いつまでってことを聞かされていなかったんです。長くとも半年くらいとは聞かされていましたけど、いつ終わるのかまでは現地次第だと。そう言われたのもあってともすれば半年でさえ終わらないんじゃないかなって思ったんですよ。でも単身赴任してみて、意外と快適だなって(笑)むしろこれなら半年はおろか、一年位でもいいんじゃないかなとさえ途中から思ってきたんです。時には帰宅することもありましたけど、基本的に自由な生活なんです。独身時代を思い出したので、つい風俗で遊んだりもしましたね(笑)久しぶりの風俗はとっても楽しかったですし、シチュエーションに酔いしれました。結婚してからは風俗で遊んだことはありませんでした。だから久しぶりに風俗街を闊歩しましたけど、それだけでもとっても楽しかったです。